自分の「お店」を簡単に開く方法

自分のお店を簡単に効率良く開く方法や、お店を開いた後のお役立ち情報を紹介していきます。

「わたしの小さなお店を開きたい!」

子供の頃から夢見ていた自分のお店。小さくてもいいから自分のお店を開いてみたい!そう思ってる人って多いですよね。早速小さなお店を簡単に開業してみましょう!飲食店だったりセレクトショップ、雑貨屋などなど、自分の好みのお店を実際に開く決心をした方に役に立つような情報を紹介するのでがこのサイトです。お店を開く前にどんな準備が必要なのか?お店を開いた後にどんなことを気をつけたらいいのか?などを少しずつ書いていけたらなと。「HEADLINE」では最新の開業情報やお役立ちニュースなどを不定期更新していきます。

自分の「お店」を簡単に開く方法 HEADLINE

HEADLINE一覧

お店を開く前に準備しておきたいこと

自分のお店を開く前にはいろいろとやっておきたいことがあります。例えば資金、店舗契約、内装、備品購入、仕入れ契約、クレジットカード決済契約、などなど。あげていったらキリがありません。あと重要なのが「計画」です。テーマの設定や資金計画など念入りに計画しましょう。融資なども含め、綿密な計画をたてておきましょう。業種によっても開店準備は様々です。美容師の開業ネイルサロンの開業リサイクルショップの開業飲食店の開業雑貨屋の開業など、それぞれの業種の特色を理解して繁盛店を作っていきましょう。

個人事業としての店舗開業

個人事業としてお店を開く方も多いと思いますが、その際に必要となるのが「個人事業開業届け」です。一般的にはお店を開いた後に届けるケースが多いのですが、あまり遅くなってもダメです。開業から一ヶ月以内に届けを提出するのがルールですので、気をつけましょう。※ただし遅れてもペナルティがあるわけではありません。
また店舗にクレジットカード決済を導入するのは現代では必須でしょう。最近はCoineyなど簡単クレカ決済ができるサービスも普及していますので、早めに登録しておくことをおすすめします。小規模店舗でもクレジットカード決済導入できます。