店名ネーミングの決め方はどのようなものがあるのか?

店名ネーミング

店名のネーミングは重要です。業種と著しくかけ離れている店名をつけるのはダメですし、カッコ良くても覚えにくいのはNGだったりします。お客様に親しみを持ってもらったり、ブランディングに沿った店名をつけたいものです。

 

バンド名をつける時は辞書を適当に開いて決めるという人が多いと聞いた事があります。しかし店名はもうちょっとちゃんとつけたいですよね。フランス料理店だったらやはりフランス語で店のコンセプトにぴったりのものをつけたいですし、北欧雑貨の店なのに和風の店名というのもちょっと違和感あったり。店名のネーミングの決め方はどういのがあるのでしょうか?

 

まずはコンセプトありきなのですが、それさえ固まっていれば、クラウドソーシングなどでたくさんの店名候補を募集するというのは有りだと思います。実際クラウドソーシングサービスをのぞいてみると店名のネーミング案募集という案件をみかけます。
 
ネーミング・名前募集の依頼・仕事 [Lancers]
 
たくさんの候補から最適なものを選べるのは良いですよね。

 

姓名判断的に画数などでネーミングを決めるというのもあります。商売繁盛させたいですし、やはりこういう運気的なものは気になります。
 
社名判断【無料】|5秒で姓名判断 店名・会社名・商品のネーミングにも最適!

「十姓名」とは、名前の音に着目した精度の高い実用的な姓名判断です。フォームにひらがなで会社名・店名・商品名を入力するだけですぐに鑑定結果がご覧いただけます。

http://www.on-ken.com/brandName.html

 

これから自分の店として長く付き合っていく店名のネーミング。しっかり決めたいですね。またつけた店名は商標の取得も考えた方が良さそうです。

 

photo credit: P6052418 via photopin (license)