開業資金はどうやって集めればいいの?自己資金と融資について

8265142495_0c23d13bbc

お店を開業するにあたって開業資金の問題にぶつかるケースが多々あります。「思っていたよりも開業に費用がかかりそうだ」「開業したものの、当面の運転資金が心配」などなどいろんな資金面の不安があるかと思います。それでは店舗開業した人はどのように資金を工面しているのでしょうか?

 

開店資金、運転資金を事前に貯めておく
多くの場合はこれに当てはまると思います。自分のお店を開店する前にお金を貯めておくケースです。修行や勉強をしながらお金を貯める場合と、短期的に高収入の仕事(宅配便など)でお金を貯める場合などがあります。某居酒屋チェーンWの社長は創業前に佐川急便のドライバーをしばらくやって資金を稼いだ話は有名です。

 

日本政策金融公庫「新規開業資金」

・現在お勤めの企業と同じ業種の事業を始める方で、次のいずれかに該当する方
現在お勤めの企業に継続して6年以上お勤めの方
現在お勤めしている企業と同じ業種に通算して6年以上お勤めの方
・大学等で修得した技能等と密接に関連した職種に継続して2年以上お勤めの方で、その職種と密接に関連した業種の事業を始める方
・技術やサービス等に工夫を加え多様なニーズに対応する事業を始める方
・雇用の創出を伴う事業を始める方
・産業競争力強化法に規定される認定特定創業支援事業(注1)を受けて事業を始める方
・地域創業促進支援事業(注2)による支援を受けて事業を始める方
・公庫が参加する地域の創業支援ネットワーク(注3)から支援を受けて事業を始める方
・民間金融機関(注4)と公庫による協調融資を受けて事業を始める方
・1~8のいずれかを満たして事業を始めた方で、事業開始後おおむね7年以内の方

https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/01_sinkikaigyou_m.html

 

運転資金と設備資金で条件は異なりますが、もっともポピュラーな開業資金融資制度です。日本政策金融公庫では「新規開業資金」の他にも「女性、若者、シニア起業家支援資金」「再挑戦支援資金」「創業支援貸付利率特例制度」など様々な開業支援制度があります。

 

この他、地方自治体による開業資金融資制度やVCや個人投資家による資金調達などがあります。事業計画とともに開業資金の融資についても検討してみると良いかと思います。

 

photo credit: Scrabble Series Loan via photopin (license)