店舗開業までの流れについて

6162840388_517aa81666

 

飲食店の店舗開業
飲食店の店舗開業を行うときには、流れを把握しておくとよいでしょう。飲食店の店舗開業を行う前には、開業するための物件を選んでいくことになります。物件については立地や面積など、詳細な点を調べ、条件に合っている物件を選んでいきますが、借りる物件が決まった時には、オーナーに保証金を渡すことになりますので、予め用意しておくとよいでしょう。
【参考】小さな飲食店を開くポイント

 

店舗物件の居抜き、内装
また、飲食店を行うときには、物件だけではなく内部を改装したり、必要な設備を揃えておく必要が出てきます。改装については、居抜き物件を選ぶことで費用をかけることがなくなってきますし、中古の設備を業者から購入しておけば、費用も掛かる心配がなくなってくるでしょう。
【参考】居抜き出店のメリット、デメリット

 

設備や手続きについて
その他に、電話やインターネットを開設しておくことで、お客様の問い合わせや予約にも対応できるようになります。店舗開業の流れを把握しておけば、スムーズに開業することができますが、他にも必要な資金を得るために融資制度に申し込みを行っておくとよいでしょう。飲食店を経営するときには、何かとお金がかかってくるのですが、自治体などの融資制度に申し込みを行っておくことで、必要な資金を得ることができます。この時、担保や保証人も必要になりますので、信頼できる方に話を行っておきましょう。
【参考】店舗開業の際の届け出に関して

 

photo credit: _DSC0613 via photopin (license)