フランチャイズ展開が意外と盛んなフィットネスジム業界

フランチャイズ展開をしている業種と言えば「飲食店」や「コンビニ」などを思い浮かべますが、実はスポーツジムなどもフランチャイズ展開しているところが多いようなのです。そこでいくつかフランチャイズ展開をしているフィットネスジムをピックアップしてみました。

1.エニタイムフィットネス
アメリカのミネアポリスで第一号店をオープンしてからわずか10年で2,000店舗を実現し、現在は3,200店舗を超える程に急成長しているスポーツジムがエニタイムフィットネスです。

初期コストは7,000万円から9,500万円で、回収期間は3、4年の設計となっているようです。ちょっと初期コストは高めかなと思うのですが、借入やリースなど活用すれば半額程度の自己資金でスタートすることができるようです。それでも少し高めな気も。

とは言え、世界的に成功をおさめたフィットネスジムですので、ノウハウなども蓄積され、オーナーへ有益な情報を流してくれると思います。サポートは万全のような感じ。

2.フィッツミー
タニタが運営している女性専用30分フィットネスジム「フィッツミー」でもフランチャイズ展開がおこなわれているようです。2004年に女性専用のサーキットトレーニングジムとしてスタートし、10年以上の歴史があります。タニタ運営というところも安心感があるのかもしれません。

初期コストは2,000万円程度。やはりフィットネスジムを始めるにはこのくらいかかってしまうのですかね。

3.カーブス
おなじみのカーブスももちろんフランチャイズ展開をしています。カーブスは現在世界で1,700店舗を運営しています。日本でも一時期急速に広まった印象がありますね。

やはり初期コストは2,000万円程度かかるとの見積もりがでています。ちなみに現在は募集している地域が限られているようです。

この他、有名なコナミスポーツなどもフランチャイズ展開をしているようなので、この業界では結構一般的なのかもしれませんね。

photo credit: sniggie Poring over business news everyday via photopin (license)