急速に増える「飲食店のネット予約」と問題点

28518125370_75ec9f2c0e

飲食店の予約と言えば「電話」でするという方が非常に多いと思います。しかし最近急速に増えているのが「ネット予約」です。大手グルメサイトなどでもネット予約機能を追加したり、ネット予約できる事を訴求したCMなどの広告を打っています。

利用者にとってはネットで予約まで完結できるのは非常にメリットが高いのは言うまでもありません。特にスマホでのネット接触が劇的に増えた最近では、ささっと簡単にネットで予約できる需要が高まっていたので、このネット予約化の流れは必然ではあります。

利用者にとっては手軽に飲食店予約をする事ができるのでメリットしかないのですが、飲食店側はどうなのでしょうか?

飲食店にとってもお客が増える事は歓迎なので、ネット予約が普及して店舗への送客数が増えれば嬉しいわけですが、漏れ聞こえてくる話からはデメリットの部分も少なくなさそうです。

ネット予約の普及による飲食店のデメリットとして現在一番大きいように感じるのが、ネット予約の手軽ゆえの「当日キャンセル」問題です。ネットで簡単に予約したものの、「やっぱりやめよう」と気軽にキャンセルをしてしまうお客さんが多いようなのです。

電話によるコミュニケーションと違って、ネットは利用者と店舗の人が直接やり取りしないので、キャンセルする心理的ハードルが低いとも言われます。

もちろんそのデメリットを解消するための施策は各サービスともにとられていますが、今後その部分の強化をしないと「ネット予約はダメだね」と飲食店側から拒否されてしまう可能性もあります。

飲食店クチコミサイト大手の「ランキング問題」などもあり、飲食店側のネットのイメージはおそらくあまり良くないのではないかと思います。しかし、ネット化は避けられない事象であり、上手い落としどころを見つけてお互いと良い関係を築けるネットサービスが増えることを祈るばかりです。