店舗で流す音楽の著作権について

店舗音楽著作権

店舗で流す音楽の著作権については非常にセンシティブです。
 
自分で購入したCD等の音源を自分の店舗で流すにはJASRACとの契約が必要になってきます。「自分の店で自分で買ったCDを流すんだからいいじゃないかー」と思いますが、店舗に来るお客さんに聞かせるわけなので、個人の範疇を超えてしまいます。この場合、店舗の面積に応じた契約料が発生します。500平米までの店舗面積で年間使用料は6,000円。月に直すと500円です。少額なのできちんと支払いましょう。
 
有線放送などは事業者があらかじめ著作権料を支払っている場合があります。「店舗等の施設に代わってBGMの使用料を支払う音源提供事業者一覧」を見ると概ねほとんどの有線放送事業者が名を連ねていますね。
 
レンタルCDをコピーしたり、ダウンロードしたりしたものを店舗で流すのはNGです。コピーは個人の範疇のみ許可されています。
 
というわけで、店舗音楽を流す際は、BGM使用料をきちんと払っている事業者が提供する有線放送を契約するか、自分で購入したCD等をJASRACに使用料を支払った上で流すという2択となるようです。
 
【関連エントリー】
店内BGMはお店の雰囲気作りに不可欠

 

photo credit: Caroline Music via photopin (license)