店舗開業に必要な資金はどのくらい?

店舗開業時の必要資金
 

店舗開業に必要な資金はどのくらい必要なのでしょうか。例えば、飲食店の店舗開業する場合には、まず、その店舗の立地する土地を所有しているかどうか、仮に所有していない場合には、土地の賃貸契約を締結するためには敷金や礼金が必要になります。家賃以外にこうしたまとまった資金が必要になります。また、飲食店の場合には、店舗の内装費用も必要です。厨房などの費用と客席の内装費用が必要となります。この厨房も飲食店の種類によって費用も異なってきます。つまり、飲食店でも、和食や洋食、あるいは中華など、その種類によってもかかる費用はことなってきます。
 
これら以外には、当面の資金が必要です。事業回転のための費用をあらかじめもっておく必要があります。この場合の金額としては、半年間の経費相当分の費用をもっておくと安心です。また、人を雇用するなら、こうした金額はもっと多く必要になってきます。飲食店の場合には、開業時に広告をするために、新聞等の折込チラシをするだけでも、エリアや回数によって金額は異なってきますが、折込チラシの作成費用も含めると数百万円が必要になってきます。コンパクトにまとめるのか、金額にこだわらずに行くのかによって費用は変わってくるのです。

 

photo credit: Cha-Ching via photopin (license)