繁盛店の共通点は基本的なポイントだった

繁盛店の共通点

ある繁盛店のセットメニューにおける努力として以下のようなことがあるようです。

お客様が具体的にこれらを感じて頂くために、経営に次のような共通の工夫があります。
①いつも新鮮な板前のアイデアによる商品(料理や飲み物)の提供
②これまでの飲食店の常識を打ち破った高い原価(50~65%)
③ターゲット(対象とするお客様)を明確に絞り込んだ商品(メニュー)

http://www.shinkin.co.jp/yonezawa/t_room/t_room04/t_room0411_03.htm
 
これを見ると、飲食店であろうが、その他のお店であろうが、店舗が繁盛する上で本質的に大事なポイントというのはそんなに変わらないのかもしれません。自分がやりたい!と思うお店を開くのは重要ですが、それを継続させ、繁盛させるとなると様々なマーケティング戦略が必要になります。上記にあるように「圧倒的なクオリティ」「原価をかけても良いものを提供」「ターゲティング」など飲食店以外でも参考になります。繁盛店にはこれらをちゃんとやっているという共通点がありそうです。
 
さらに実店舗の繁盛店での共通点として「什器や備品をキレイに丁寧に扱っている」というのもあるようです。モノを大切にしない店はやはり細部に雑な部分も多く、結果的にお客様も雑に扱うようになってしまうのかもしれません。
 
掃除のいきとどいた店はやはりサービスも素晴らしいケースが多いように思います。日々のコツコツとした心がけが大切なのかもしれません。

 

photo credit: via photopin (license)