店舗開業時に受けられる助成金について

6355821965_12fccbd51b
 
店舗を自分で持ちたいというときに、まずネックとなるのが店舗開業にかかる資金です。資金を自分で用意できるのであれば問題はありませんが、それが出来ないことは珍しくありません。では、資金が足りないからと店舗開業の夢を諦めなければならないかというと、問題を解決する方法があります。それは公的金融機関から受給できる助成金を活用することです。助成金は必要な条件を満たせば、受給することが出来ます。
 
しかしながら、これまで店舗の運営や各種申請に携わった経験がない方が、その受給条件を満たしているか自分でチェックをしたり、どのような助成金があるかを調べて申請するのは容易なことではありません。
そこで、頼りになるのは店舗開業支援をする業者です。
 
そのような業者は、申請のために何が必要なのかを熟知しており、スムーズに受給できるよう、アドバイスを受けることが出来るのです。また、制度は常に新たに創られたり、廃止されたりするものですから、常に最新の情報を知っている業者を活用しなければ、多くの時間と労力を費やしてしまいます。
 
店舗開業に重要なのは、資金調達だけでなく、テナント探しや人材募集、取り扱う商品・サービス等の確保などいろいろありますから、ひとつのことに集中できる時間は限られているはずです。
その点でも、業者に依頼することは大きなメリットです。

 

【関連エントリー】
開業資金はどうやって集めればいいの?自己資金と融資について

 

photo credit: Dollar Bills via photopin (license)