美容師さんの独立開業は資金面が大変

美容師独立

美容師さんの独立開業で問題なのは資金

今ヘアサロンで働いている美容師さんの多くは「将来は自分のお店を持ちたい」と考えていることでしょう。しかし独立して自分の美容院を開くには様々な問題があります。
 
大きな問題として立ちはばかるのが「資金面」の問題です。サロンで働く美容師さんの給料は20万〜30万円と言われています。もちろん店舗によって、また職歴によって異なりますが、そんなに高くないのが現実です。
 
給料が高くない中で出費が結構あるのも問題です。多くの美容師さんはサロンの近くに住んでいます。サロンはだいたい大きな街にあるので、その近くにある家の家賃は当然高くなりがち。
 
また練習用のマネキンやハサミなどの用具など、常にお金がかかります。ファッションにも気を使わないといけないので、洋服代も高そう・・・。

 

独立前にやってみたい「面貸し」

そういった状況の中で独立資金を貯めるのは簡単な事ではありません。最低1,000万円とも言われる独立開業資金。通常の給料ではとても貯めることはできなそう。ですので、独立の前に「面貸し」というのを行うケースが多いらしいです。
 
面貸しとは美容室やヘアサロンの一部を借りて運営するものです。歩合制や時間制など、一定の料金をお店側に支払いますが、それでも頑張れば収入は上がりますし、完全独立前に試してみるのはおすすめ。

 

photo credit: scissor case via photopin (license)